南北社出版 トップページ
南北社の本出版までの流れお問い合わせ特集 著者×社長対談出版の基礎知識企業出版(企業向け出版専門書・研究書の自費出版詩集・歌集・句集の自費出版社長ブログ
南北社の本
●原稿からつくる場合

1.何を書くか、テーマを決定する
企画の必須項目は、タイトル、企画趣旨、読者対象、内容構成案。
企画趣旨は、なぜこの本を世に出したいかの思い・目論見。
読者対象者は、届けたいターゲットを明確にすること。


2.仮目次をつくる
一番重要なのが、内容構成案。
仮目次レベルまで書かれていると、できあがりの本の内容が想像できる。
「企画の特徴」は、タイトルでもわかりますが、その中身が仮目次になります。


3.文体を決める
文体には、いくつかの方式があります。混用することなく、いずれかの文体で統一します。
(1) “……である、……だ”
(2) “……です、……ます”
   ↓
原稿を書いて、チェックをする。
   ↓
仮目次を前提に校正・編集をする。


●原稿の内容の検討とその整理
記述に誤りがないか、不正確であったり、あいまいであったり、言葉使いが変であったり、
見出しの構成や順序に問題はないか、著作権などの法規上問題がないか等々、
項目に沿って原稿内容を点検し、必要ならば加筆修正を行います。


●原稿整理
編集者が著者から入手した原稿を吟味し、その原稿の内容と形式について刊行できるように仕上げる作業をいいます。
テーマや表現のスタイル、内容のレベル、構成、分量、名誉毀損や著作権などに関わる法規上の問題がないか吟味します。
出版の基本
●原稿が完成したら / 原稿がある場合

1.予算を決める
自費出版にかかる費用は、やどんなタイプの本をつくるかによってさまざまで、一概に「いくらです」とはいえません。丁寧な編集作業を行うところもあれば、編集にはあまり時間をかけないところもあります。
また、すでに原稿がある場合と、無い場合でも大きく違います。
このほか、本文用紙や表紙に使う材料の違い、本の判型、ページ数によっても違ってきますし、 写真やイラストを入れてデザインに凝ったり、多色刷りにしたりすれば、値段はぐんと上がります。 無駄な制作費をかけないためには、自分がどのような目的で、どんな本をつくりたいかをきちんと決めて、検討してみることが大切です。


2.印刷部数を決める
「自費出版の適正刷り部数は、自分宛に届く年賀状の枚数とおおよそ同じ」といわれています。大量に印刷するとその保管場所など後で困る場合があります。
例外として、それ以上の部数を印刷しても捌ける場合があります。あらかじめ「自費出版」した本を購入するマーケットがハッキリ見えている場合です。NPOや法人などの組織に著者が関わっている場合などがそれに当たります。
基本的に、一般の流通ルートにのせる場合でも、自費出版物は時間をかけてじっくり売っていく性質のものですので、高上がりに感じられても小部数からの印刷をおススメします。
テーマの時代性、内容のクオリティの高さなどがあっても、自費出版の本が流通ルートで売れるケースは稀であると考えるのが一般的です。


3.体裁を決める
製本の種類
書籍の製本には、上製本と並製本の2種類の方法が用いられています。
上製本と並製本のどちらがいいとは、一概にいえません。
それぞれの特徴を知って、ご自分の作りたい本の種類やイメージに合った製本を選びましょう。

●[上製本の特徴]
一般にハードカバーと呼ばれる製本方法です。
上製本は、ボール紙などの厚い紙を芯に使い、それを紙や布、革などでくるんで表紙を作ります。
表紙が中身部分よりひとまわり大きく、強度が高いのが特徴です。
上製本には、背の形によって、丸背と角背があります。
丸背は、文字通り背表紙が丸い形をしており、ページ数の多い本でも開きやすいというメリットがあります。
逆に、ページ数が少ない場合は、丸みを出すのが難しいため、角背が使われます。

●[上製本のメリット]
上製本は、並製本に比べると上質な雰囲気があります。
また、強度に優れ、長期の保存にも耐えられます。
上製本は、主に小説や絵本、記念誌、写真集などによく使われます。
費用は高くつきますが、外観を立派にしたい場合などは、上製本を選ぶといいでしょう。

●[並製本の特徴]
一般にソフトカバーと呼ばれるもので、雑誌や文庫本などに広く用いられています。
並製本は、やわらかい厚紙の表紙で仕上げます。
中身より表紙がひとまわり大きい上製本に対し、並製本は表紙と中身が同じ大きさです。
また、並製本には、背の綴じ方によって、「中綴じ製本」、「無線綴じ製本」、「平綴じ製本」などがあり、
用途によって使い分けられています。

●[並製本のメリット]
並製本は、上製本に比べると作業が簡略化されているため、コストを抑えられるのが大きなメリットです。
安く仕上げたいという方は、並製本を選ぶといいでしょう。

4.イメージをつくり、予算を提示
紙の種類は、厚さや重さ、光沢、色みなどによってさまざまあります。当たり前ですが、おなじ素材でおなじ加工の紙なら、厚い紙のほうが丈夫になります。
そこで、必要になるのが束見本です。表紙のデザインをしたり、カバーの設計をするのに、本がどれくらいの厚さになるかがわからなければ始まりません。実際に、おなじ紙、おなじ製本方法で本の厚さの見本をつくります。


5.校正
校正とは、誤字脱字や誤記などを正したり、原稿と照合(「引き合わせ」と言います)し、校正紙の誤植や体裁上の不備などを正すチェック作業です。
校正をするにあたって、著者と制作会社との役割分担を決定する必要があります。
著者自身がゲラを校正することを「著者校正」と言います。
著者校正を柱に、制作サイドでのチェックを組み合わせて進行するのが、現実的です。そして、最終的な校正の完了を「校了」といい、多くの場合著者から「校了」の確認をもらって印刷・製本の工程に移ります。
自費出版の校正で気をつける点を特に挙げるとすれば、著者ご自身が熟知している事柄などに意外な落とし穴があったりすることです。慣れや思い込みは誤りのもとだからです。
著者が見逃しやすく、他人では判断しにくいのは、固有名詞・専門用語などです。
校正を制作会社などに全て委託する場合には、あくまでも「原稿通り」が原則のチェックとなるので、原稿自体の精度が必要なことに留意しなければなりません。


[表記整理の原則]
●表記の整理
書籍を読者に読みやすいようにするためには、表記の扱い方にも注意し、
本の内容に則した方針で整理・統一していなければなりません。

●表記の扱い
一般的な書籍では、著者の立場を尊重しながら、
できあがった原稿の表記に沿って、できる限りの整理・統一を図ります。
原稿チェック
見積のご依頼
●作品、イメージ、ご要望を詳しくお伺い致します。
●出版設計に必要な確認、打ち合わせをさせて頂きます。
●よりよい方法や、リーズナブルな方式を提案させて頂きます。
出版設計の上、見積を提出します。
●設計仕様のご提案とともに、制作金額を見積ります。


ご契約
●ご用命いただけるときは契約書を取り交わします。
●見積金額の1/2をお支払いいただきます。残額は納品時に申し受けます。
原稿をお預かりします。
●原稿用紙、ワープロデータなどをお預かりします。
●本文以外の原稿類をお預かりします。

編集・レイアウト・デザインを進行します。
●原稿整理のうえ、編集レイアウト作業に着手します。
●デザイン案、見本、体裁などをご確認いただきます。
●ISBNを取得します。
校正紙などをお届けします。
●確認チェックと校正をお願いします。


「著者校正」をお願いします。
●本文の校正は2回(初校と再校)繰り返します。


「校了」を頂きます。
●校了(校正完了のことです)を頂いて印刷に着手します。


印刷製本を進行します。
●校了時、納入予定日をご連絡します。
※校了後、2~3週間を要します。

できあがった本を納品します。
●ご指定の場所に納品いたします。
●納品時に残額をお支払いいただきます。

●個別の郵発送や献本などもご用命いただけます。
 

●個別の郵発送や献本などもご用命いただけます。