南北社出版 トップページ
南北社の本 出版までの流れ お問い合わせ 特集 著者×社長対談 出版の基礎知識 企業出版(企業向け出版 専門書・研究書の自費出版 詩集・歌集・句集の自費出版 社長ブログ
出版の基礎知識
本のサイズ(版型)と本の種類
本のサイズ(版型)は、内容によって相応しいサイズが決まってきます。
写真集・美術全集などのように、写真や図版を中心にした本は大きく、文庫や新書など文字を中心にしたものは小さいのが一般的です。


本の種類

判型

寸法 mm
大きな画集・グラフ雑誌など
B4判
257×346
写真集・美術全集など
A4判
210×297
週刊誌・一般雑誌など
B5判
182×257
学術書・文芸雑誌・総合雑誌・教科書など
A5版
148×210
単行本など
B6版
128×182
文庫本
A6版
105×148

本の構造と名称
本の構造と名称見開き
●束(つか)・・・本の厚み、
●中身(なかみ)・・・表紙をも除いた本の中身
●天(てん)・・・本の上側
●地(ち)・・・本の下側
●小口(こぐち)・・・背の反対側
●ノド・・・本を開いた内側、綴じているところ
●チリ・・・上製本では、表紙を中身より大きく作る。中身三方の小口より出ている表紙の部分
●見返し(みかえし)・・・中身と表紙を接合するために入っている紙
●しおり紐(スピン)・・・本の読みかけの場所に挟む紐
●帯(おび)・・・本についてのキャッチコピーなどが刷られた紙。表面の一部分(通常は一番下)を覆うように巻く。
●扉(とびら)・・・本文の表紙
●柱(はしら)・・・基本版面(づら)以外の余白部に書名・巻数・ページ数・章タイトル・節タイトルなどを配置したもの。
●判面(はんづら)・・・本文の印刷される面の大きさ。
●ノンブル・・・頁数を表記する数字のこと。ページ番号。丁数とも表現される。


製本の種類
製本の種類は大きく2つに分けられます。
●上製本(ハードカバー)  
表紙に厚手の紙を使い、革や紙を貼り合わせて、本文よりも少し大きく作ってあるものです。
本文は糸かがりや無線綴じで製本されます。
●並製本(ソフトカバー)  
表紙に本文より少し厚手の紙を使い、表紙と本文を同じ寸法で仕上げるものです。
上製本より比較的安価に作ることができます。


上 製 本
(ハードカバー)

背の平らな「角背」

背の丸い「丸背」
並 製 本
(ソフトカバー)
無線とじ(のり)
網代あじろ綴じ(のり)
中綴じ(針金)
平綴じ(針金)
製本の種類

印刷用紙の種類
《上質紙》
化学パルプ100%で、表裏均一で白色度や平滑度が高い。最も標準的な紙。
ex.教科書、書籍、ポスター、一般印刷等で多用しています。

《中質紙》
化学パルプ70%以上で残りは砕木パルプで、上質紙より白色度が落ちるが裏が透けにくい。
ex. 教科書、書籍、文庫本、雑誌の本文など。

《書籍用紙》
書籍の本文専用用紙。表裏の差が少なく、不透明度が高くて、手触りがソフト。
ex.書籍の本文

《ファンシーペーパー》
特殊な抄造工程によって作られた趣向の凝らされた紙の総称。
ex.冊子、小冊子の表紙

《色上質》
上質紙のパルプに染料を混ぜた色つき上質紙。
ex.書籍の見返し

《アート紙》
上質紙を原紙とし、表面に片面で20g/㎡程度の白土(クレー)を塗工した用紙。
ex.ポスター、美術書、カタログ

《コート紙》
上質紙、中質紙を原紙とし、表面に片面で10g/㎡程度の白土(クレー)を塗工した用紙。
ex.カタログ、カレンダー、ポスター、書籍、雑誌で多用しています。



印刷方法の種類
《凸版印刷》
凸版印刷は、凸部にインキを付ける方法で、活字や鉛版、写真凸版などがあります。我が国においては歴史が古く、江戸時代末期に導入されています。
1800年、長崎の本木昌造がオランダより活版技術を学び、我が国で初めて様式活字の工業化に取り組み、明朝体の号数活字の体系を編み出しました。 その活字は国内で最初の活版印刷新聞「日刊横浜新聞」に利用されました。この鉛活字により、活版はその後の印刷の主流になりましたが、近年はコンピュータ組版にすっかりその地位を奪われています。
文選工(活字の拾いだし)、植字工(組版、製版)という技能工の不足が衰退を早めたようです。ただ鮮明で力強い印刷物が得られることから、品質を重視する需要家には根強い人気があります。

《凹版印刷》
凹版印刷は凸版とは逆に凹部にインキを入れる方法ですが、その深さを調整することにより、画像の濃淡を表現することができます。種類としては彫刻凹版とグラビアがあり、彫刻凹版は紙幣、株券、切手などの有価物に利用されています。グラビアは雑誌の口絵、美術全集、さらには合成樹脂フィルム、建材等にも印刷可能とあって、応用範囲は広がりつつあります。製版代は割高となりますが、下級紙に印刷できるため、大量の印刷物に向いています。マンガや雑誌等が、その例です。
《オフセット印刷》
オフセット印刷は、実際に印刷イメージが作られている版と紙が直接触れないのが特徴です。版に付けられたインキを、一度ゴムブランケットなどの中間転写体に転写(offset)した後、紙などの被印刷体に印刷する方法です。
非常に鮮明な印刷が可能で、版が直接紙に触れないことから胴の磨耗が少なく、大量印刷にも適しています。また、輪転機を使用すれば短時間で大量の印刷が可能になります。紙に施す印刷技術としては、立体感が劣る、設備投資にかかる費用が高いといった点以外はほとんど欠点らしい欠点が無く、オフセット印刷用の用紙の発達もあり、現在世界中で供給される商業印刷機の多くをオフセット機が占めています

《シルクスクリーン(孔版)印刷》
版材にシルク(絹)が多く使用されたためこの名が付きましたが、現在はナイロンやポリエステルなどを版(スクリーン)として利用することが多くなっています。印刷方式としては孔版(謄写版)の一種になります。
4箇所の枠にスクリーンを張り、写真製版法により画線部以外の部分を現像処理して樹脂でつぶします。それを被印刷物に密着し、上からスキージ(ヘラの一種)で圧を加え、スクリーンよりインキを透過させ、印刷します。印刷には専用機を使用する事や印刷スピードが遅い、インキ付着量が多く乾燥時間がかかるなどの理由から平版印刷に比べて割高となります。
用途としては、孔版であるためインキの層を厚くでき色数を自由に使えることから、格調ある印刷物を制作できます。さらに紙以外の布やガラス、金属などに印刷できます。
例として、Tシャツのロゴマーク、横断幕・垂れ幕、プラスチック容器、瓶、コップ、金属製品、プリント配線基盤などに印刷しています。