南北社出版 トップページ
南北社の本出版までの流れお問い合わせ特集 著者×社長対談出版の基礎知識企業出版(企業向け出版専門書・研究書の自費出版詩集・歌集・句集の自費出版社長ブログ
企業出版(企業向け出版)
新たなブランド戦略
企業出版の多くは会社や商品自慢など社長の信念、想いなど一方的な発信が多く、読む方にとって最後まで読むに耐えないものがほとんど。企業ブランドや商品ブランド価値を向上させるためには、まずは読んでもらうに耐えるテーマ、内容と構成、タイトルやキャッチフレーズ、そしてプロモーション(販売)が必要となります。 そして読者(消費者)がその本を読み、共感することによって、その商品やサービスへの想いや企業の取り組み、歴史から企業への信頼などを勝ち取り多くの「ファン」を獲得すると考えます。 情報、デジタル化社会の中で、アナログ的な「心に響く」プロモーション手法として出版を見直ししてみてはいかがですか? 社史も同様のスタンスで出版することによってマーケティング効果が期待できます。

「ブランドブック」を活用するインナーブランディングについて
詳しくはこちらから
 [ブランドブックについて (PDF形式:76KB)] [実践のすすめ (PDF形式:163KB)] [作業スケジュール (PDF形式:66KB)]

メリット
■企業ブランド価値の向上 ■商品、サービスのブランド価値向上
■ファン化(顧客化) ■リピーター化 ■口コミ効果 
■社内的な効果《社員の意識向上・企業の強みを再認識・企業歴史の再認識・新たな発見》


進め方
以下の出版までのすべての作業工程をアドバイス、サポートします。
[1] 出版テーマの決定
御社の強みや弱み、市場環境、競合の状況、業界の状況、新規参入の脅威などを検証する。
 ・ターゲット、マーケティングエリア、テーマの抽出、出版タイミング、予算をはじき出す。
[2] 社内の若手、ベテラン、役員からメンバーを選出し、「●●出版」実行委員会を開設 委員会を中心に社内情報の収集や取材を行います。委員会メンバーは社内的な強制力をもって各所に依頼や通達が可能とし、社長との直接打ち合わせができようにします。
[3] 当社提案によるタイトル、内容構成、プロモーション案の企画提案
[4] 企画内容の承諾を得、その内容構成にそった取材および写真などの素材集め
[5] いただいた取材、写真原稿を編集します。
[6] 校正作業
(時代考証などは当社で行います)
[7] 印刷
[8] 出版
[9] プロモーション
(マスコミリリース、テレビ、新聞広告、一般書店流通、雑誌、インターネットなど)